2005年06月29日

Musical Baton

Musical Baton」って知ってますか?
・・・という言葉と共に受け取ったバトン。
音楽に詳しいわけでもなく、「ただ好きなだけ」の私なので、
「ごちゃまぜ見聞録」のNutsさん(バトンを頂いた方です)に教えて貰うまで
知りませんでした(^^;
貰ってからちょっと時間経っちゃいましたが、私も行ってみたいと思います♪

1. total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
 → 36.1GB(WAVE)+4.39GB(mp3) 計 40.49GB  
  参考までに他の方のもどれくらいか覗いてきましたけど、
 私のこれって、とてつもなく多いかも(^^;
  でも、WAVEとmp3の中身は案外重複してます。
 カーステがmp3プレイヤーなので、PCで変換するからだけど、
 ついでに言うと、持ってるCDとも重複してるってことだ。(ムダかなw)

2. Song playing right now  
  (今聞いている曲)  
 → 「君と歩いた道
   浜田省吾の「I am a father」のカップリング曲。
   A面の”I am a father”より私にはしっくり来てますっていうか、
  曲も詩も歌い方も琴線触れまくり。
 
3. The last CD I bought
  (最後に買ったCD)
 → 今日購入した
  THE CRANE FLYのミニアルバム「地球ブルース」(今日が全国発売日)
  キッカケは、私の好きなミュージシャンさんから紹介頂いたんだけど、
  HPで試聴してみたらいい感じなので聞いてみることにしました。
  そしたら、とてもストレートなロックで、私好きです〜(*^_^*)
  興味の有る方はTHE CRANE FLY 公式をチェックしてみてください。
  (ブルーハーツとか好きな人ならどう?)
  
4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
  (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲:順不動)
   これが、む・・・難しい・・・。
   今現在・・・浮かんだものをそのまま書いて行きます。

 →@ 僕と彼女と週末に      - 浜田省吾
    私の中では、浜田省吾さんが別格で大好き(というか血となり肉となってる感じ。)
    その彼の曲の中でも、詩・曲と共に深く感銘を受けた曲。
    Bank Bandの「沿志奏逢」でもフューチャーされたから
    聴かれた方も多いかしら。
 
  A LOVE          - Mr.Children
    何かねー。
    この曲を聴くと甘酸っぱい気持ちになるです(^^;

  B ペケペケ - UNICORN
     最初は奥田民生氏との出逢いの曲ということで、Maybe Blueにしたんだけど、
    やっぱり今はコレです(笑)    
    TVで「寺田」で見てから俄然ヘビーローテになってますw   

  C 青空の余白         - 華子
    よく聴くということで、これを挙げます。
    応援しているインディーズのボーカリスト、
    華子ちゃんのファーストミニアルバムより。
    彼女の曲の中では、これが今一番ヘビーローテで聴いてます。
    現在、あっ!とMusic Collection!でPVが視聴出来ます。
    
  D 大空と大地の中で   - 松山千春
    小・中学生の時に聞いてたラジオでファンになり、良く聞いてました。
  (年がバレますな:笑)
    歯に絹着せぬ発言や態度がデカいとか、良くも悪くも注目をあつめる人だけど、
   私が聴いてた頃の彼は、ふつーの田舎のあんちゃんだったw
    途中、音楽的嗜好がかみ合わなくなって歌を聴くことはなくなってしまったけど、
   私の一部になってる人には違いないと思われます。
    この曲は、高校受験の朝とか節目の時に、
   スピーカーの前に正座して聴いて行ったりしてましたwww(あー、若いなー(^^;)
    
    
5. Five people to whom I'm passing the baton
      (バトンを渡す5人)

   これを考え出すと記事がアップできなくなるので、
  とりあえず渡す人が決まったら追加したいと思います。
   友達何人かに一旦、打診してみようかなwww
   ・・・逃げないでね(^^;

 「Musical Baton」とは・・・Musical Batonはてな


posted by JUN at 20:18| Comment(2) | TrackBack(1) | ●音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レス、非常に遅くなりましてすんませんでした(>_<)

バトン、ありがとうございます(^^)

浜省の「僕と彼女と週末に」は、僕は沿志奏逢のボーナストラックで初めて聴き、感動しました!!
で、すぐにオリジナルの方も借りて聴いてみたんですけど、どちらも味があっていいですよね(^^)
語りのとこ、僕の周りでは賛否両論ですが、僕はあれがあるからこそこの曲の存在感が半端ないものになっていると思います。

あと、浜省ってくると僕はどうしても
「悲しみは雪のように」
を思い出してしまいます(^^;)
Posted by nuts at 2005年07月05日 12:59
Nutsさん
ちょっと恥ずかしくて「こそっとトラバ」したので、レスのこと気にしないで下さいね〜(^^)

私も「沿志奏逢」の「僕と彼女と週末に」は聴きましたけど、桜井さんがホントに大切に歌ってくれてて、どちら共のファンの私はとても嬉しかったです!(DVDも買っちゃいましたw)

ちょっとここで宣伝・・・www
省吾さんの4年ぶりのアルバムが今日発売なんです♪
機会があれば聴いてみてくださいませ☆
Posted by じゅん at 2005年07月06日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Musical Baton!?
Excerpt: 「ん、これ誰?誰かの曲?」 って思った方、スンマセン。 アーティスト名でも曲名でもありません。 Musical Baton、これ今音楽をテーマとするブログの間で流行ってるモノらしく、 (詳しい説明は..
Weblog: ごちゃまぜ見聞録
Tracked: 2005-07-05 12:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。